ホワイトライオンは姫路の動物園に!白変種アルビノの意味も

この記事は2分で読めます

最近たまたま、ホワイトライオンのことを知って、こんなライオン実際いるのかと衝撃をうけたのですが、みなさんご存知でしたか?白いライオンは漫画の世界の話と思っていたのですが、写真で見たホワイトライオンはまさに想像以上にかっこよかったです。

ということで今回はホワイトライオンについて調べてみました!

ホワイトライオンは姫路の動物園にいる

ホワイトライオンは日本でも見ることができるみたいです。

それは、和歌山県の姫路セントラルパークです。姫路セントラルパークでは、確認できた日付で、2014年の7月に2頭のホワイトライオンの出産に成功されています。

ホワイトライオン 姫路セントラルパーク

またその年を含めて、4年連続で出産に成功していて、全部で15頭育てるみたいです。ホワイトライオンからはやはりホワイトライオンが生まれる確率が高いのですね。一度実物を見てみたいです。

スポンサードリンク

ホワイトライオンはアルビノ?

ホワイトライオンは、よくアルビノといわれるのですが、アルビノではないみたいですね。性格には白変種らしいです。白変種についてはのちほど説明しますが、ここではアルビノについて説明します。

ホワイトライオン アルビノ

アルビノを理解すると白変種との違いも理解できるかもしれません。アルビノとは先天的なメラニン欠乏のことをいうみたいです。メラニンは人間の色素をつくるものですが、生まれるときに遺伝子情報がうまく遺伝されなかったために、必要な分のメラニンも遺伝されないとアルビノになるみたいです。

ホワイトライオン 白うさぎ

アルビノの特徴は、毛や肌が白くなり、目は赤くなるようです。ちなみに日本の白うさぎはアルビノです。

ホワイトライオンは白変種

では白変種とはなにかというと、

突然変異で生じた白い個体であるが、アルビノとは別の遺伝形質で、発生のメカニズムや関係する色素が異なる。

出典 http://ja.wikipedia.org/アルビノ

 

少し説明が難しいですが、簡単にいうと、白くなるのは同じだけど、どうやって白くしたかの原因がちがうようですね。また白変種の場合、遺伝情報には問題ないようです。しかし白くなるのが白変種みたいです。

ホワイトライオン 白変種

そしてホワイトライオンはアフリカでは、神の使いといわれる伝承があります。もともとアフリカでは、古代よりライオンは、戦の神とあがめられていました。狩の能力に優れたライオンを人々は、あがめ、神聖なものとして考えていました。

 

今でもライオンをモチーフにした国旗など、様々なところで用いられていますよね。そんな感じで、古代より、ライオンは大事にされていましたし、そんなライオンのなかでもホワイトのライオンは特別に貴重な動物として神のようにあつかわれたのではないかと思います。

ホワイトライオン 神

日本でも白へびなどは神の使いみたいに考えられて、いたずらするとバチがあたるといわれたことないでしょうか。白い生き物にはそのようないわれがあるのですね。

 

とても興味深いホワイトライオンですが、ぜひ機会があれば、実物のホワイトライオンにパワーをもらいに行かれてはどうでしょうか?

 

ということで今回はホワイトライオンについて、お届けしました!

 

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. フェネック
  2. アルパカ
  3. アンゴラウサギ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。