カラーバターの色落ちを防ぐ方法!

この記事は3分で読めます

カラーバターについての記事に反響があったので、今回は色落ちを防ぐ方法について考えてみます。前回反響のあったカラーバターの染め方についての記事

 

 

カラーバターの色落ちを防ぐ方法ですが、色落ちを防ぐ方法に完全なものはないです。

 

 

しかし実際自分の髪で実験してみて、使えそうなものはいくつかあったので紹介します。では行ってみましょう。

 

 

出典
http://gathery.recruit-lifestyle.co.jp/article/114…


カラーバターにヘアマニキュアを被せる

1つめにおすすめするのは、カラーバターの後にヘアマニキュアを被せる方法です。これは、美容室でも実際に行われていますね。私はそれをYOUTUBEで発見して、やってみました。方法を簡単に説明すると、クリアのヘアマニキュアを上から塗ります。

 

 

ネイルとかでもやるんじゃないでしょうか。透明なマニキュアで表面をコーティングするってことですね。それによってカラーの流失を防ぐって、原理です。これは、若干ですが効果を感じました。

 

 

ただセルフで家でやるって時にまず、クリアのヘアマニキュアが近所に売ってなければ、ネットで買ったり、マニキュアのお金もかかるし、そういったことを考えると、マニキュアを被せるっていうのは、効果の割に微妙だなと感じました。

 

 

それだったら、最初から希望の色のマニキュアを使って染めればいいじゃないかとも思いましたが、マニキュアは塗った後のカラーチェンジが、大変なんですよね。

 

 

カラーバターに比べて、色の抜けかたが汚いような、濁ってくるんですね。これは個人的にそう思うだけかもしれないですが、あえてやってないです。

 

 

やっぱり、カラーバターは発色の仕方がかわいいと思うのでそこはこだわっていきたいですね。

 

 

カラーバターとカラーシャンプー

ということで、次にやったのが、カラーシャンプーで頭を洗いまくりました。

それで効果ですが、よくわかりません。

 

 

濡れた状態で、シャンプーしながらカラーをしてるので、カラーをしてるのか、洗って色をおとしてるのか、どっちなんだと、思いながらやっていました。多分色を落としていたような気がします。では最も効果があったのは?

 

スポンサードリンク

 

カラーバターに市販のカラー剤を混ぜる

そして最後に市販のヘアカラー剤の中にカラーバターを忍ばせて染めました。

 

なぜこんなことしたかというと、カラーバターが微妙に余ったんですね。それで、全体を染めたかったんですが、足りないわけです。でもカラーバターをまた買いたくねーと思いました。そこで、市販のカラー剤を買ってきて混ぜました。これは当たりですね。

 

 

いい感じに色が入りました。カラーバターは量が少ない割に高いので、節約にもなりますしね。それで、この方法の何がいいか考えてみたんです。

 

 

結論から述べると、発色の良いカラーバターと、発色の悪い、普通のカラー剤の相乗効果だろ、これはと思いました。

 

 

普段から、市販のカラー剤の色味の入りが悪いのは、思ってたんです。そしてカラーバターについては量は少ないけど発色はいいと思ってたんです。

 

 

それで、混ぜたらいんじゃねってことで、まぜたらビンゴでした。ただ、どれとどれを混ぜるかは、考えたほうがいいと思います。ちなみに市販の一番明るいアッシュブラウンとカラーバターのパーブルを混ぜました。

 

 

イメージとしては、市販のカラー剤をベースに使って、カラーバターで色みをパワーアップさせるイメージですね。なので、この場合は、アッシュを濃くしたかったので、パープルを混ぜたという感じですね。色が近いと思ったのでそうしました。

 

 

また、全体に暗めのアッシュブラウンにしたかったので、シルバーアッシュとかじゃなくて、アッシュブラウンにしました。私自身の髪は少し明るめになっていたので丁度良かったですね。

 

 

今もしあなたが単品でカラーバターを使っているのであれば、混ぜて使うのもありだと思います。持ちも良いですよ。

 

まとめ

この話を美容師の友達に言ったらそれでもいけるということです。ただ、色の混ぜ方や配合の比率によっては変な感じになるかもしれないので、自己責任でお願いします。色味が近い同色系であればイケルと思います。カラーバターは、入れすぎ注意です。

 

 

色が抜けて明るくなった髪は痛みが酷くなると言われています。カラーをして、色味をいれてあげましょう。色持ちに関しては、マニキュア、カラーシャンプー、カラー剤との混合の方法を試して、色持ちをアップしていきましょう!

 

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。