マニックパニックの使い方!カラーの種類と髪を染める方法

この記事は3分で読めます

今回はマニックパニックの紹介です。結構昔からあるものですが、少し前から再熱と言った感じでしょうか。

 

 

マニックパニックを買ってないあなたはこちらを参考にGETしよう。

マニックパニックを激安で買う方法!

 

 

ということでマニックパニックの使い方についての注意点やポイントをまとめました。ではいってみましょう。

 

カラーの種類

 

カラーの種類は40色以上です。カラーチェンジが簡単で髪が痛みません。

カラーをMIXすることで、かなり多彩な表現が可能です。

鮮やかな発色が魅力です

出典
http://manicpanicnyc.blogspot.jp/2013/01/2012-ended-beautifully-2013-is-starting.html

ファッションにあわせたカラーコーディネートが可能です

出典
http://manicpanicnyc.blogspot.jp/2013_01_01_archive.html

雰囲気に合わせたカラーコーディネートも可能です

出典
https://www.pinterest.com/pin/158189005633369346/

いろんな方面から注目度が高いです

スポンサードリンク

髪を染める方法

出典
http://xsofashionx.skyrock.com/3156664020-Teinture-avec-le-MANIC-PANIC.html

では、あんな雑誌のような感じに染めるにはどうすればいいのか。そこが大事ですね。

 

マニックパニックの染め方は普通のカラーの染め方と変わりません。

ただ、あまりすぐ流さないようにしましょう。全部染めてから、最低30分以上は置きましょう。

 

あとはやってはいけないことを抑えておきましょう。これをしなければ大きな失敗はないです。

 

やってはいけないことは

 

1、カラー剤をケチる

2、クシをつかわない

3、黒髪を染める

 

具体的に見ていきましょう。

1、カラー剤をケチると、ムラになります。もしくは、色が綺麗に入りません。

髪にカラー剤を塗るときによくやりがちなのが、髪に軽くカラー剤が付くくらいで、仕上げてしまうことです。

 

もったいないと思って、薄塗りすると、しっかり塗れているところと、塗れてないところが出来やすいです。髪にはこんもり乗せる感じでカラー剤を使っていきましょう。

 

目で見て塗れていると確認できるぐらいがいいですね。髪は少し湿っているぐらいでやると、カラー剤の量も節約できますし塗りやすいです。

 

ただ、若干薄まるのでカラー剤の量をどんだけでも使えるなら、そのまま塗ったほうがガッツリ色がはいります。

 

2、クシをつかわないと、ムラになりやすいです。または、根本までしっかり塗れません。これもよくありがちですが、手ぐしで全部揉み込んで塗ろうとするとムラになります。

 

手ぐしでやると、一見全部塗れたと思っても、なかのほうが塗れてない確率が高いです。自分でやる場合、後ろの中の方は見えないので、塗れてない人が多いです。

 

クシをつかうと、均等に髪にカラー剤をつけることが可能です。またクシで根元の方まで伸ばせるので綺麗に染めることが可能です。

 

ベストは、手ぐしで全体につけたらクシで根本から均等に伸ばして最後に手で揉み込んでいくのがいいです。

 

3、黒髪を染めても色が入りません。マニックパニックで染めても色は明るくなりません。これもよくありがちです。

 

普通のカラー剤のように染めれば明るくなるものではないので、自毛の色を明るくしてからマニックパニックは使いましょう。

 

黒髪以上であれば何らかの変化は得られます。自毛の明るさに関しては、雑誌などの鮮やかな雰囲気を目指すのであれば、金色以上です。

 

ブリーチしても、赤ぽい金色だと色が濁るので、赤ではなく黄色っぽい金色以上を目指しましょう。

 

金髪以下の普通の茶色にマニックパニックをつかうと、深みのある色味になります。鮮やかさは欠けますが、それはそれで渋いと思います。自分で色の出方をみつけていきましょう。

まとめ

マニックパニックの使い方はシンプルです。ポイントをおさえて使えば、希望の色に近づくことが可能です。

 

今回ご紹介した方法を意識して、マニックパニックにチャレンジしてみましょう。そしてファッションや、自身の雰囲気にあわせて、カラーで遊んでみましょう。

 

カラーを変えれば、気分も楽しくなってきますよ!

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 七三分け
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。