ラブサイケデリコボーカルの歌い方と発音がステキ!おすすめ名曲も

この記事は3分で読めます

ラブサイケデリコ(LOVE PSYCHEDELICO)懐かしいです。

ラブサイケデリコの曲は、昔のものを聞いてもかっこいいんですよね。

だから好きです。

そしてラブサイケデリコの曲はドラマや映画に使われている曲も多いです。

聞いたら分かる人も多いのではないでしょうか。

そんなラブサイケデリコですが、今まで私は曲しか知らなかったのです。

ということで今回はラブサイケデリコを少し掘り下げて調べてみました。

ラブサイケデリコとは

ラブサイケデリコ

はじめにラブサイケデリコについて、wikipediaによると

ボーカルのKUMIとギターのNAOKIの男女二人によるユニットで、1997年に青山学院大学の音楽サークルで結成。もともとは大学でNaokiがKUMIに「一緒にバンドやらない?」と声を掛けてなにげなく始まったバンドで、当初はプロデビューなどという野心はまったくなかった。ファーストアルバムも、そのバンドがなくなって後任のベースとドラムとキーボードを探すまでの間に2人で作っていたデモテープがそのままCDになってしまった。 本来のバンド名は「LOVE PSYCHEDELIC ORCHESTRA」であったが、長すぎるのでORCHESTRAの頭文字「O」を取ってPSYCHEDELICの後ろにつけ、現在の名称になった。

出典 LOVE PSYCHEDELICO wikipedia

 

ラブサイケデリコはユニットなんですね、いまいち人数が把握できてなかったのですが、中心メンバーは二人のユニットのようです。

ラブサイケデリコのユニット名は長いのでデリコと略されますが、ユニット名の意味が気になりませんか?

そのまま直訳すると、ラブサイケな楽団ですが、いまいちピンとこないですよね。

ちなみに、サイケデリックについてwikipediaでは

サイケデリック (サイケ、形容詞 psychedelic / 名詞psychedelia) は、LSDなどの幻覚剤によってもたらされる心理的感覚や様々な幻覚、極彩色のぐるぐる渦巻くイメージ(またはペイズリー模様)によって特徴づけられる視覚・聴覚の感覚の形容表現である。

出典 サイケデリック wikipedia

謎ですね。

ただ、こういったサイケデリックな音楽と呼ばれるものは、昔からあるようです。

サイケデリックフォークやサイケデリックロックと呼ばれるものです。

有名なバンド、ビートルズもサイケな音楽を作っていました。

ビートルズはサイケデリック全盛の時代の代表的なバンドなんですね。

 

そんな感じなので、その流れでサイケデリックオーケストラもありですよね。

オーケストラなので、規模が大きいですが。

ちなみにラブサイケデリコの二人共ビートルズ好きを公言しています。

やはりラブサイケデリコはその辺りにルーツがありそうです。

歌い方と発音がいい!

ラブサイケデリコ クミ

ラブサイケデリコの魅力はボーカルのクミさんの歌い方ではないでしょうか。

一度聞くと、耳に残る歌声ですね。

また、楽曲には英語が多様されています。そしてクミさんは英語の発音も上手です。

どうやら英語については、小さい頃に、アメリカに何年かすんでいたため、ネイティブの英語がはなせるようです。

それで、英語うまいんですね。納得です。

歌い方については、「デリコ節」などと言われているようですね。

これもなっとくです。

一度聞くと頭にこびりつくような歌い方するんですよね。

これは、好き嫌いあるとおもいますが、中毒性があると思います。

スポンサードリンク

おすすめ名曲

ラブサイケデリコの名曲は、いろいろあるのですが、3つあげるとすると個人的には以下の3つではないかと思います。

第1位 Last Smile

第2位 Your Song

第3位 Beautiful World

以下3位のビューティフル・ワールドをどうぞ。

ちょっとベタな選曲ですが、これらの曲はカラオケでも人気がある曲ですね。

昔一度カラオケで、デリコを歌ってる人がいたのですが、その時周りは歌で盛り上がるというか、あの独特の雰囲気になりました。

独特の世界観というんですかね、あの感じは。

一度試しに歌ってみてほしいと思います。

 

それと、デリコのラストスマイルはダンスの曲に使ってる人もいましたね。

まあ、ダンスといっても、ポールダンスなんですが、これが意外にも曲の雰囲気と、ダンスがマッチしていてカッコ良かったんですよね。

 

その時は爆音と高音強めでラストスマイルを聞いたんですが、なにか通常の音で聞くのと違ったように聞こえたので、それも良かったです。

これも機会があれば、爆音で聞いてみて欲しいです。

まとめ

そんな感じでいろいろな楽しみ方ができるラブサイケデリコです。

個人的には昔の曲が今聞いてもイケてる歌手って少ないと思うのですが、ラブサイケデリコには、普遍的ななにか良さがあるのかもしれませんね。

 

そして今では、YOUTUBEなどで動画も見れるので、ラブサイケデリコのライブ映像とかもチェックしてみたいと思いました。

ちなみにギターの人がライブ中にビール飲むらしいですよ!

ということで今回はラブサイケデリコについてお届けしました。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 俳優
  2. 高橋ジョージ
  3. ゴスロリ 
  4. 中村里砂
  5. レイバン
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。