アノニマスは仮面のネットハッカー集団!組織の規模と正体は?

この記事は2分で読めます

「アノニマス」名前の響きは殺虫剤のようですが、かなりイケイケな集団でした。現在世界を震撼させているイスラム国に対して、喧嘩を仕掛けたことでニュースからその情報が流れました。最近出来た集団なのかと思っていましたがどうやら、これまでもいろんなタブーに喧嘩を仕掛けていました。アノニマスには疑問な点も多く、また悪なのか善なのかといったことも話題になっています。ということで今回はアノニマスについてお届けします。

アノニマスの仮面と正体

アノニマス 仮面仮面はアノニマスの象徴です。アノニマスについて語られるときに、仮面について語られることも多いです。仮面については、もちろん顔を隠すために被る意味もあるのですが、それ以外の意味も込められています。まず仮面には顔が描かれています。この仮面のモデルになる人物は、実際に存在した人物であることが明らかにされています。

 

その人物の名前は「ガイフォークス」です。ガイフォークスは1605年にイングランド起きた火薬陰謀事件の実行責任者として捕らえられ拷問、そして処刑されました。ではなぜ、ガイフォークスの仮面が使用されるのでしょうか。これは、ガイフォークスが自由のための象徴として考えられているからです。日本ではガイフォークスと聞いても馴染みがないのですが、欧米では有名なようです。特にイングランドでは、毎年ガイフォークスの祭りが開催されています。なぜ陰謀を起こしたガイフォークスの祭りをするのか疑問があったのですが、これはガイフォークスがなぜ陰謀を起こしたかを考えると理解できます。

 

ガイフォークスが陰謀に至った理由は、国王の宗教弾圧に対向するためでした。当時宗教弾圧に苦しめられていた人々がたくさんいました。しかしそれに対抗しようと考える人はいなかったのではないでしょうか。なぜなら、それは当時にしてみれば、国王に反逆する大罪であるからです。しかし時代が変わり現在ガイフォークスは英雄になりました。なにが正しいかなんて、その時代によって違います。ということは、正しいことなんて決めれないと思うのです。自分の信じる道が正しいのであればみな自由ですよね。ガイフォークスについての説明が長くなりましたが、このような流れからアノニマスも発生しています。特にアノニマスの場合は言論と宗教の自由のために立ち上がる事が多いです。

スポンサードリンク

組織の規模

アノニマスの規模は特定されていません。組織というほど、しっかり縦の関係が構築されているようでもないです。ではどうやって活動するのかというと、そのときどきに中心となる人物が呼びかけてそこに賛同するものが集まるようです。それがアノニマスです。これは掲示板になにかスレをたてるような感覚なのではないでしょうか。もともとアノニマス自体も掲示板の中から誕生しましたし名前の意味も「匿名」を意味しています。スレをたてて盛り上がれば、実行に移されるような感じを受けました。

ネットハッカー集団

アノニマス ハッカーこのようにアノニマスは、インターネット空間において存在するのです。ある出来事が起きたときにアノニマスがどう行動するのかはいままでの行動から分かります。アノニマスはネット上を主戦場にしているため、戦線布告から解決まですべてインターネット上で行動しました。相手のインターネット上のプライベート空間に侵入して相手の情報を盗み出したり、破壊したりしました。この相手というのは、アノニマスの考え方に反する敵であるためすべての人々にとって賞賛できることではないかもしれません。しかしこの行動によって救われた人がいるのも事実です。

 

アノニマスの考え方は和を大事にする日本人の考え方とは少し違いますが、今のものごとが複雑な時代にすべてのことをうまくまとめるのも困難であるため、アノニマスに共感する部分もなきにしもあらずといった感想です。今後インターネット空間にもっと今の現実が移行していくような気がしますが、インターネット空間において力を持っているアノニマスのような存在が世界の平和のために動いてくれることを期待したいと思います!

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 石油
  2. siamshade
  3. レゴブロック作品
  4. 五月人形
  5. 鳥インフル
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。