黒魔術は存在するのか?やり方は?縁結びに効果のある恋愛呪文も 

この記事は3分で読めます

黒魔術は本当に存在するのだろうか。黒魔術と聞くと空想の世界のことだろうと思っていたのだが、意外にも信じている人が多いみたいである。黒魔術と聞くとダークなイメージがつきまとうのだが実際はどうなんだろうか。その他考えだすと疑問が色々とでてくるのである。ということで今回は黒魔術についてお届けしようと思う。

黒魔術は存在するのか

はじめに黒魔術とは何か。黒魔術についておまじない専科によると

黒魔術を行うのは、黒魔術師と妖術師になります。黒魔術師は、それぞれの魔術の役割や理論を理解している上で行いますが、妖術師は自分の経験から覚えた、限られた術を使うだけです。ですから、妖術使い自身、自分の持っている力がどこから来るのか、どんな力なのか、理解していない人もいます。

黒魔術は白魔術と違い、何かを要求するときは、必ず悪魔を呼び出して、契約をしなければいけません。黒魔術を行うには、最初に悪魔を呼び出し、契約を交わさなければいけないと言うことです。

http://www.omajinaisenka.com/

いきなり衝撃的な言葉が出てきたのだが、どうやら黒魔術を使う使い手は何人もいるようである。「黒魔術師」は専門的な人間で、「妖術師」は自分が黒魔術を使えることを認識してない人間ということらしい。ということは黒魔術師を自称していないが、隠れ黒魔術は潜在的にたくさんいるかもしれないではないか。そして銀の星によると

黒魔術は古代イスラエル文明、エジプト文明より現在に至るまで、脈々と受け継がれている呪いの魔術と言えます。旧約聖書の『列王記』に記載されているイスラエル第三代ソロモン王は黒魔術師として知られ、悪魔を従属させた唯一の人間とされています。必要に応じて悪魔を召喚させ、古代イスラエル王国に全ての富と権力をもたらしました。http://angel-and-abyss.jp/

このソロモン王は黒魔術師と言われているが、このように誰が黒魔術を使うかによって、世界を変えてしまう力も持っている事がわかる。このように自分で、黒魔術をコントロールできるのであれば、使い方によっては、良い方にも悪い方にもつかえるのだろう。しかし実際に歴史に黒魔術師の名前が残っていることを考えると信ぴょう性は高そうである。

スポンサードリンク

黒魔術のやり方

黒魔術には悪魔を呼び出すことが必ず必要らしい。また悪魔はいろいろな悪魔がいるということだ。これは例えると、ポケモンのようなものだろうか。ポケモンは悪魔ではない。しかしポケモンは場面によって、使い分けられる。なぜならモンスターによって持っている能力が違うからである。その能力が必要な場面で、必要なモンスターが呼び出されることを考えると、どこか似ているような気がするのである。しかしポケモンと悪魔の大きな違いがある。

 

それはなにかというと、悪魔は術者の願望に対して同じぐらいの、リスクを求めてくることである。リスクというのは、人間の魂である。術者はこのとき悪魔と交渉するということだ。悪魔の呼び出し方や交渉の仕方については、『ソロモンの鍵』と呼ばれる、作者不明のヨーロッパの古典的魔法書に記されている。

縁結びに効果のある恋愛呪文

具体的に願いを叶える黒魔術の方法について見て行きたい。黒魔術のやり方については、先ほど紹介したように、素人が個人で確実にやるのは難しいようである。よって簡単な恋愛魔術があったので紹介したい。ちなみにこの魔術は黒魔術に近いものであるので効果は高いようである。

まず、真っ赤なキャンドルを1本とピンを7本用意します。
そしてそのキャンドルにあなたと相手の名前のイニシャルを刻み、さらにピンを7本さします。そのとき「余(よ)が指すのはロウにあらず。余が指すのは我らが魂。余が溶かすのはロウにあらず、我らが魂」と唱えます。そして、キャンドルに火をともし、ロウが溶けて最初のピンが落ちるまで待ちます。1晩目はここまで。これを7日間つづけ、すべてピンが落ちたら魔術は終了です。もちろん、すべての行為は秘密裡に行います。

http://shuri.pa.land.to/高天原

7日間も秘密でこれをやるのは少し大変そうだが、手順は簡単そうなのでやりやすいのではないだろうか。恋愛成就に効くらしいが、何が起きるかは分からない。よって筆者には責任は取れないため実行する場合は自己責任でやってほしい。

 

このように黒魔術について調べているだけでも、情報は無数にあった。日本国内以外にも海外でもポピュラーな黒魔術である。存在するかどうかといえば、存在するのではないだろうか。これだけ古代から継承されてきていることも考えるとどこかには、本当に存在していてもおかしくない。また、実際にリスクが伴う黒魔術であるため、実行する人が少ないことも考えられる。そして基本的には秘密で行われていることを考えると、本当の情報は身近にはないのかもしれない。黒魔術をやるのは自己責任ではあるが、くれぐれも慎重におこなってほしいと思う。

 

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. クリクラ
  2. ガンダムカードダス
  3. 占いツクール
  4. ヨルダン
  5. プルシェンコ
  6. 韓国ドラマ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。