フランス風刺画の意味とは?問題の画像と内容は?世界の反応も!

この記事は3分で読めます

風刺画って見たことありますか? 私がはじめて風刺画をみたのは、小学生のときの社会の教科書でみました。

 

たしか、日清戦争か日露戦争の時のものだった記憶があります。 絵だけで、皮肉った様子を表していたものだと思うのですが、率直な感想が面白いと思いました。

フランス風刺画 

絵も面白いし、何を考えて、作ったんだろうって考えてしまいましたね。

ただ、それは今考えてみると、その絵が意味していることを理解できていなかったから、面白いといった感想しか持たなかったのだと思います。

 

ということで、今回は風刺画についてとりあげます、特に最近話題のフランスの風刺画を取り上げたいと思います。

フランス風刺画の意味

まずは、フランスの風刺画に限ったことではないですが、そもそも風刺画とは、なんなのでしょうか。 風刺画とは、現実の社会や政治を画を通して批判するらしいです。

 

言葉ではなく画をとおしてするんですね。

これは下手したら、言葉よりパンチあるかもしれないですね!

 

風刺画も簡単な言葉がついているものもあるのですが、大抵が批判する側とされる側はその画をみれば、一発でその画が意図することが分かるのではないでしょうか。

 

それだけ、的をえているものが多いのも事実ですね。

それで今回とりあげた、フランスの風刺画とはどういった特徴があるのでしょうか。

 

はっきりいって、かなりきわどいですね。 自由を重んじるフランスらしいですが。フランスの風刺画には賛否が分かれるでしょう。 なぜ、こういった風刺をするのか、フランスの背景も理解しないと意味がわからないですね。

スポンサードリンク

フランス風刺画の内容と問題の画像

では実際の画像を見たほうが早いので、見てみましょう。 フランス風刺画 画像

 

フランス風刺画 画像

 

フランス風刺画               

 

どうでしょうか。意味わかりますか?

これらは、日本のことですね。原発をネタにしているみたいです。

 

日本のイメージはこんな感じみたいです。

しかし、これはどこに向けて書いてるんですかね。なぞです。

 

たぶん、ほとんどの日本人は同じ感情になると思うのですが、 もっと勉強して、理解すると違った見え方になるのでしょうか。

 

解釈を受け手にまかせるものは気おつけないと、いろんな捉え方をされてしまいますよね。

フランス風刺画を見た世界の反応

風刺画について世界の反応を調べてみました。

下の画像は奇形の力士が相撲をとってるところですね。

 

その横で、レポーターが、原発のおかげで、相撲がオリンピックの種目になったと言っています。

フランス風刺画 海外反応               

 

Guillaume Vares Shin-Okuboでの毎週のデモ(日本の政治家もそれを非難してはいない)にも見られるように、日本には表現の自由がある。同様に海外の風刺系の新聞だって自由に表現しても良いハズだ。これにはそこまで真に受ける様な意味合いは無い。この新聞は全体的に皮肉、風刺、ジョークが満載なんだよ。             

 

Kabukilover Fukushimaに関するこの類の風刺画は、災害が起こって以来無数に出版されてるし。このまま政府とTepcoが真実を隠し続けて不安が消えない限り、彼らはこう言った事を続けるよ。もう少し耐性を付けた方が良い。

 

>>Kabukilover sakurala 問題が解決すれば、こう言った事も無くなる。 批判には馴れるしかないよね。 そこはやっぱり、オリンピックで世界中を招待する国になったんだからさ。 CrazyJoe 「非難」と「皮肉」の違いが解らない? 自分もコレは確かに悪趣味だとは思う。 でもカナール・アンシェネだもんなあ・・・。 ここは「単なる表現の自由」って事で。

 

davejenks この種の風刺が災害の犠牲者たちを傷つけるのだとしたら、なぜ公にしてその人達に注目させようとするの?Fukushimaの人達の99%は、カナール・アンシェネなんか購読してないと思うよ?これはフランス人向けの他愛も無いジョークなんだよ。

 

KariHaruka フランス人がドイツ人に頭を下げてる絵を描いて、その反応を見てみよう。 

 

http://www.gekiyaku.com/archivesより引用

最後のコメントが印象的ですね。そのとおりだと思います。

 

風刺画については、やはりひとそれぞれ、感じ方が違いましたね。

フランスは自由を重んじる国らしく、風刺画にも寛容であるようです。

 

そして世界中で風刺画は書かれていると思いますが、日本で風刺画ってあまり見ない気がするのですが、気のせいでしょうか。

日本人には合わない文化なのかもしれませんね。

 

ただ今回、日本の風刺画を見る機会にあって、日本人であるけど、すごい怒りはなかったんですね。

やはり、当事者意識が薄いのかなと思ったんですが、同じような人も多いのではないでしょうか。

 

日本人であっても、原発被害にあった人たちの気持ちは絶対に分からないのに、文化を共有していない外国人にはもっと、難しいのではないのかなと思いますね。

 

自由といっても何でもやっていいわけはないですよね。

ということで今回は、フランスの風刺画についてお届けしました。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ルンバ
  2. アンジャッシュ渡部
  3. 石油
  4. ボルダリング
  5. 占いツクール
  6. 鳥インフル
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。