ルンバ並行輸入品と正規品の違いは?修理サポートと保証問題も!

この記事は3分で読めます

お掃除ロボットルンバが人気です。勝手に床の掃除をしてくれるルンバはとても便利ですね。現在では、ネットで気軽に購入できます。

 

販売しているショップも日本正規代理店や並行輸入店とさまざまです。

しかし、購入したあとのルンバの問題もいろいろあるようです。

 

ということで今回は、ルンバについて、調べてみました。

ルンバ並行輸入品と正規品

ルンバ 並行輸入

ルンバは現在国内正規品と、並行輸入品とが販売されています。

まずはこの違いを理解しましょう。正規品とは以下のようなものです。

正規品とは メーカーから日本の正規代理店が輸入を行い、国内の正規販売店へ商品が流れます。正規のルートをたどって商品が動くので、当然価格は値崩れしません。 正規販売店や百貨店などで商品を購入すると高いのは、全てが正規品だからなのです。正規品は、ご購入後に安心したメンテナンスを受けられますし、偽物なのでは?という心配ももちろんありません。

http://store.shopping.yahoo.co.jp/

 正規品は、メーカーから日本用の商品として販売を許可されている、代理店が販売しているということですね。この説明であれば、正規品を買えばいいのではないのかと、

おもうのですが、並行輸入品についてもみてみると、

正規輸入品に対し、ライバル関係にある並行輸入品は、簡単に言うと海外で流通する予定の商品を現地の業者が購入し、日本の並行輸入商社へと輸出されるものをいいます。もちろん製造されるところは正規も並行も同じですし、まったく同じ商品ですが流通ルートが違うことにより、正規に比べ非常に安く手に入れることができます。

http://store.shopping.yahoo.co.jp/

 現地で販売する予定のものを仕入れて売るわけですね。国によって、商品の値段が違うので、安い国で買って、高い国で売るということですね。

買い手としては、本物を安く買えるのであれば並行輸入品でもいいような気がしますね。

 

この正規品と並行輸入品はルンバに限らず日本国内の、外国製品にあてはまります。

例えば、ブランド物のバッグや財布もそうですよね。

 

この場合は並行輸入品でも問題ないのですが、ルンバの場合は、電化製品という性質から並行輸入品を購入するといろいろ問題があるようです。

ルンバの修理サポートについて

ルンバ 修理サポート

並行輸入品を購入するとどのような問題があるのでしょうか。

考えられるのが、修理サポートです。

ルンバ日本代理店の公式ホームページにはこう書かれています。

「ロボット掃除機ルンバ」の製品保証およびサポートは、弊社が販売している日本仕様正規品のみとさせていただいております。海外仕様製品については、現状、サポートセンターの人的・物的な対応余力、及びそれら海外仕様製品に係る技術的ノウハウ等の観点から、修理・メンテナンスなどのアフターサービスを行うことができません。また、これら海外仕様製品のご購入に関するトラブルにつきましても、弊社では対応いたしかねます。ご理解のほどお願い申しあげます。

http://www.irobot-jp.com/import/index.html

どうやら並行輸入品は修理してくれないようですね。

 

人的・物的な対応余力とありますが、普通に考えて、いくら、本物のルンバであっても、代理店からしてみたら、よそから買ったものまで面倒見る余裕はないということでしょう。

 

しかし海外製品の技術的ノウハウ等の観点とはどういうことなのでしょうか。

やはり、日本製品と海外製品とでつくりが違うのでしょうか。

スポンサードリンク

ルンバの保証問題について

ルンバ 保証問題

この問題について調べてみると、並行輸入品に関しての問い合わせについても書かれていました。

・取扱説明書が日本語でないので分からない。

・すぐに動かなくなった。

・修理依頼に対応してもらえない。または直らない。

・修理対応に時間がかかる。 

・修理費が高い。

・箱がつぶれていた。 etc…

http://www.irobot-jp.com/import/index.html

 なかなかな問い合わせです。説明書に関しては記述が英語だったのでしょうね。

さすがに説明書が英語だったら、わからない人多そうですね。

 

このことから、買う前にしっかり確認してないのか、ネットで安いから買ったのか、並行輸入品を理解してなかったのかのどれかでしょうね。

 

しかし説明書はまだなんとかなりそうですが、買ってすぐ動かなくなったら泣きそうです。こういった場合どうなるのでしょうか。そしてなぜこういうことがおきるのでしょうか。

 

このことに関して、どうやら電圧が関係しているようです。以下引用します。

現在、米iRobot社からアイロボット日本総代理店を通して入荷するルンバは日本の電気規格に適合するように生産時点でカスタママイズされていますので、電気的に問題はありません。保証や修理はアイロボット日本総代理店で行っています。 ですが、平行輸入品の場合や米国ショップからのご購入商品の場合は、日本の電気規格に適合するように仕様変更されているかどうかは不明です。米国仕様のままで使用された場合は、電気系統の故障の原因となる可能性が高いです。その他ショートなどの危険性もありますので、ご注意ください。

http://digimoba.com/products/roomba/roomba_merit.html

 

もうはっきり、故障の原因は分かっているのですね。電気規格があわないものを、日本でつかったら、壊れるのは想像つきますね。このあたりの説明が、並行輸入品の販売に関して、あいまいなのかもしれないですね。

 

よって、安く買えたうれしいとなるけど、すぐ壊れて悲しいみたいなかんじになるのではないでしょうか。

 

壊れたルンバのその後について少し調べてみると、自分で修理する人もいるみたいですが、普通の人は逆におかしくしてしまいそうです。

ルンバ 猫

 

やはり、最初から正規品を購入するのが良さそうですね。

 

ということで今回は、ルンバについてお届けしました!

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 石油
  2. 五月人形
  3. フランス風刺画
  4. ガンダムカードダス
  5. 高橋ジョージ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。