アボガドの別名は森のバター!旬と原産地は?種栽培と育て方も

この記事は2分で読めます

アボガドはおいしいです。料理にも色々と利用されるアボガドです。そんなアボガド好きな人も多いのではないでしょうか。しかしアボガドはよく食べるけど、アボガドについてどのくらい知っていますか?ということで今回はアボガドについて調べてみました。

アボガドの別名は森のバター

アボガド 森のバター

アボガドは森のバターといわれています。森のバターとはどういう意味なのかというと、アボガドが、バターのように栄養価が高いということですね。バターは乳脂肪が豊富に含まれています。アボガドは、果物なので、植物性の脂肪が豊富に含まれています。また、ビタミンやカリウムなどその他の栄養分もふくまれており、栄養価が高い果物なんですね。これが森のバターといわれるゆえんです。

 

また日本ではアボドと通常呼ばれていますが、本当の発音は少し違います。英語のスペルをみると、avocadoと表記します。これは発音するとアボカドという発音になります。本当は、「カ」になって濁らないようです。日本では濁ると言いにくいので、「ガ」になったのではと言われています。

スポンサードリンク

旬と原産地

アボガドの旬はないと考えていいでしょう。なぜならアボガドは、一年中輸入によって日本にあるからです。どこから輸入しているのかというと、メキシコ、ニュージーランド、チリからです。これらの国から日本国内のアボガドはほとんど輸入されています。

 

なかでもメキシコ産一年中手に入れることができます。やはり、原産国であるメキシコからの輸入はが多いのは納得です。そしてアボガドは、メキシコ産だけじゃないのですね。

日本で販売されている国産のアボカドの産地を調べてみると、和歌山、愛媛、静岡などで栽培されています。といっても、生産量は輸入物に比べると数トン程度だと思われます。

国産アボガドは希少なんですね。

種栽培と育て方

アボガド 育て方

アボガドは簡単に栽培できるようです。種を水につけておくか、土に埋めておくと勝手に発芽するようです。おすすめは土に埋める方法です。水で栽培する方法も簡単そうなのですが、こまめに水を変えないと腐ってしまうようですね。

 

土に埋める場合は、埋めて土だけ湿らせておけば、発芽できるようです。このとき注意するのは種の向きです。種の向きがあるのかと驚いたのですが、向きがあるようです。向きは、種の平らな方を地面側にしてとんがってる方を空のほうに向けます。あとは温度が低い時は発芽しないようなので、室内に入れるなどして、温度を管理してやるといですね。

詳しいことはこちらのサイトがためになりますhttp://www.hat.hi-ho.ne.jp/

 

アボガドは食べるのもいいですが、栽培するのも楽しそうですね。

ということで今回はアボガドについてお届けしました!

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. アテスウェイ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。